トップページ > 最新情報 > Qualcomm、144Hz対応低価格ゲーミングスマホ向けチップを開発中?
2021年9月14日 09時34分

読了まで 215

Qualcomm、144Hz対応低価格ゲーミングスマホ向けチップを開発中?

QualcommのSnapdragonの画像


 
大手スマートフォン向けシステム・オン・チップ(SoC)メーカーのQualcommは、ライバルのMediaTekに奪われたシェアを奪還すべく、さまざまな製品を開発しています。
 
そんなQualcommが「SM6375」と呼ばれるゲーミングスマホ向けのSoCを開発しているという情報が入ってきました。安価にもかかわらず、144Hz駆動のディスプレイをサポートするそうです。

低価格にもかかわらず144Hz駆動ディスプレイをサポート

このSM6375の最大の特長は、低価格にもかかわらず、144Hzという高いリフレッシュレートのディスプレイをサポートする点です。
 
リフレッシュレートとは、画面が1秒間に書き換えられる回数のことであり、高ければ高いほど滑らかな表示が可能となります。
 
ゲームにおいてはフレームレートが高いほど高スコアを獲得できるとされており、高いフレームレートに対応できるリフレッシュレートの高いディスプレイが好まれています。
 
このSM6375は比較的低価格のスマートフォン向けSoCであり、ゲーミングスマホのバリエーションを増やすのに貢献するかもしれません。

4つのバリエーションをテスト中

SM6375は現在、CPUの動作周波数の違いで4つのバリエーションがテストされているそうです。
 

  • 4x Gold cores at 2.5GHz + 4x Silver cores 2.2GHz
  • 4x Gold cores at 2.3GHz + 4x Silver cores 2.1GHz
  • 4x Gold cores at 2.2GHz + 4x Silver cores 2.0GHz
  • 4x Gold cores at 2.1GHz + 4x Silver cores 1.8GHz

 
また、GPUの動作周波数についても、800MHz、940MHz、960MHzがテストされています。
 
そして、バリエーションの1つが144Hzのリフレッシュレートに対応したものになるとのことです。
 
以前からQualcommは、Snapdragon 765/765Gのように、末尾に「G」がつくゲーミング向けモデルとつかないモデルを発売しています。
 
このSM6375の正式名称は不明ですが、同じように「G」ありと無しの2モデルが登場するのかもしれません。

 
 
Source: WinFuture via Wccftech
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる