トップページ > Apple Watch > Apple Watch Series 7は専用文字盤が3つ追加、表示領域16%拡大か
2021年9月3日 08時20分

読了まで 214

Apple Watch Series 7は専用文字盤が3つ追加、表示領域16%拡大か

Apple Watch Series 7


 
大型化するApple Watch Series 7で利用可能になる文字盤の詳細について、Bloombergが報じています。45ミリモデルのディスプレイピクセル数は16%向上するようです。

45ミリモデルの表示領域は16%拡大

Bloombergは先日、今秋の発売が見込まれるApple Watch Series 7画面サイズが大型化し、専用の文字盤が利用可能になると報じていました。
 
今回、Apple Watch Series 7について、画面サイズが41ミリと45ミリへと大型化するのに伴い、本体は縦方向に大きくなり、45ミリモデルの画面サイズは1.9インチで、44ミリモデルの1.78インチから大型化すると同メディアは報じています。
 
また、45ミリモデルのディスプレイ解像度は396ピクセル × 484ピクセルで、44ミリモデルの368ピクセル × 448 ピクセルから表示領域が16%拡大するとのことです。

3つの専用文字盤が登場

大画面化するApple Watch Series 7で利用可能になる文字盤について、Bloombergは以下の3つを挙げています。
 

  • モジュラーマックス:インフォグラフモジュラーの進化バージョンで、大きなコンプリケーションを2つ表示可能。
  • コンティニウム:時間に応じてデザインが変化。
  • 世界時計:24のタイムゾーンを同時に確認可能。外側のダイヤルがタイムゾーン、内側がそれぞれの時刻を示す。デジタルとアナログに対応。内部名称は「Atlas」「World Timer」。Patek Philippe、Breitling、Vacheron Constantinといったブランドで人気のデザインに近い。

 
また、Hermes、NikeモデルのApple Watch Series 7も開発が進んでおり、Hermesモデルでは数字が時間とともに変化し、Nikeモデルではユーザーの動きに応じて表示が変化するそうです。

生産に遅れとの報道も

Apple Watch Series 7については、デザイン刷新の影響もあり、製造が遅れているとの報道もあります。
 
例年どおりなら、Apple Watch Series 7はiPhone13と同時に9月に発表、発売されますが、Apple Watch Series 7は発売が遅れる可能性があるとも伝えられています。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:PhoneArena
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる