2021年8月17日 02時27分

読了まで 155

闇サイトで米大手キャリアの顧客情報1億人分が販売中と報道、不正アクセスで流出か

hacker-3342696_640


 
海外メディアは現地時間8月16日、米国3大キャリアのひとつである1億人分の顧客情報がインターネット上で売りに出されていると報じました。

顧客情報が売りに出される

海外テックメディアMotherboardは、インターネット上の闇サイトにおいて、1億人分のを販売するとの書き込みが発見されたと報じました。
 
Motherboardが売り手に接触したところ、米大手キャリアT-Mobileの顧客情報であることが判明しています。
 
ハッカー等の第三者がT-Mobileの顧客情報に不正アクセスし、大量の個人情報を盗み出した可能性があります。
 
Motherboardは、販売されている顧客情報のサンプルを調査のために取得しており、以下の個人情報が含まれていることを確認しています。
 

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 社会保障番号
  • 携帯電話の製造番号(IMEI番号)
  • 運転免許証の情報

 
T-MobileはMotherboardの取材に対し、今回の事案に関して否定も肯定もせず「闇サイトにおける問題について調査している」と言及しています。

二次被害が発生するおそれ

ハッカーは、社会保障番号と運転免許証データを含む3,000万人分の個人情報を6ビットコイン(約3,000万円)で販売すると提案している模様です。
 
犯人が販売している情報が本物のT-Mobileユーザーの個人情報である場合は、なりすまし等の二次被害が発生することが懸念されます。
 
なお、日本においても、マッチングアプリから免許証情報等の最大171万件の個人情報が流出するが発生しています。
 
 
Source:Motherboard via 9to5Mac
Photo:Pixabay
(seng)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる