トップページ > 最新情報 > Apple、「Safari Technology Preview 129」を公開
2021年8月5日 09時22分

読了まで 211

Apple、「Safari Technology Preview 129」を公開

Safari Technology Preview


 
Appleは現地時間8月4日、Safari Technology Preview 129を開発者向けにリリースしました。

Safari Technology Preview release 129がリリース

Safari Technology Preview release 129には、Web Inspector、CSS、スクロール、レンダリング、WebAssembly、Web API、Platform Features、IndexedDB、メディア、WebGL、WebCryptoに関するバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。
 
Appleによると、macOS Big Surでは、ストリーミングサービスの問題に対処するために、「開発」メニューの「実験的機能」から「GPUプロセス:メディア」オプションを有効にする必要があるとのことです。
 
現在リリースされているSafari Technology Previewは、macOS Montereyに搭載されるSafari15に基づいて構成されており、いくつかのSafari15の機能が含まれています。「タブ・バー」「タブ・グループ」などの新機能が追加され、Web拡張機能のサポートが強化されています。
 
macOS Montereyのベータ版とM1 Macが必要ですが、Web上の画像内のテキストを抽出して編集することができる「テキストの認識表示(Live Text)」にも対応しています。また、重要な箇所にリンクやハイライトを追加できる「Quick Note」もサポートされています。
 
その他のアップデートとしては、WebGL 2や、HTML、CSS、JavaScriptの新機能などがあります。

「ソフトウェア・アップデート」よりダウンロード可能

最新バージョンは、旧ブラウザを使用しているユーザーであれば、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」よりダウンロードが可能です。アップデートの完全なリリースノートは、Safari Technology PreviewのWebサイトより入手できます。
 
Safari Technology Previewは開発者向けに設計されていますが、ダウンロードに開発者アカウントは必要なく誰でもダウンロードが可能です。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(m7000)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる