トップページ > 最新情報 > スマホ非接触決済サービス、最も使われているのは「iD」楽天Edyを追い抜く
2021年8月2日 17時59分

読了まで 28

スマホ非接触決済サービス、最も使われているのは「iD」楽天Edyを追い抜く

iD logo


 
MMD研究所が、「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を公表しました。最も使われているスマホ非接触決済サービスは「iD」で、前回調査時1位だった「楽天Edy」を追い抜きました。

スマホ非接触決済サービスの認知度は81.5%

「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」は、2021年7月1日〜5日の期間中、18歳〜69歳の男女45,000人を対象に実施されています。
 
スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況は、最も多かったのが「非接触決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」で20.5%、次いで「だいたいどんなものか分かるが、利用したことはない」が20.2%、「全く知らない」が18.5%でした。
 
スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況
 
これを認知〜利用経験までのファネル分析で見ると、「認知」は81.5%、「内容理解」は48.4%、「利用経験」は22.7%となりました。
 
スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況.のファネル分析

最も使われているスマホ非接触決済サービスは「iD」

スマートフォンの非接触決済サービスを現在利用している9,526人に、最も利用しているサービスを聞いたところ、トップが「iD」で24.4%、次いで「モバイルSuica」が23.1%、「楽天Edy」が22.4%でした。
 
最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービス
 
2021年1月調査時点との比較では、「iD」が3.7ポイント増、「モバイルSuica」が4.1ポイント増、「QUICPay」が1.0ポイント増、反対に「楽天Edy」は10.2ポイント減となりました。
 
最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスの利用開始時期は、「覚えていない」という回答が最も多く、次いで「2016年12月以前」が多くなっています。
 
最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスの利用開始時期

最も利用が検討されているスマホ非接触決済サービスは「楽天Edy」

スマートフォンの非接触決済サービスの利用を検討していると回答した4,059人に、最も利用を検討しているサービスを聞いたところ、トップは「楽天Edy」で20.5%、次いで「モバイルSuica(14.7%)」、「Visaのタッチ決済(11.9%)」でした。
 
最も利用を検討しているスマートフォンの非接触決済サービス
 
 
Source:MMD研究所
(kotobaya)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる