トップページ > 最新情報 > Chromebookの成長が2021年後半に鈍化?~2022年にはマイナス成長も
2021年7月14日 08時10分

読了まで 25

Chromebookの成長が2021年後半に鈍化?~2022年にはマイナス成長も

Chromebookの画像


 
OSのシェアでmacOSを抜いて2位になったChromebookはこれまで大きな成長を遂げてきました。しかしながら、Chromebookがターゲットとしている市場は飽和状態になりつつあります。このため、2021年後半には成長が鈍化し、2022年にはマイナス成長となる見通しです。

4,700万台に達する2021年のChromebook出荷台数

TrendForceによると、2021年のChromebook出荷台数は前年比46.4%増の4,700万台に達するそうです。
 
Chromebookとほかのノートパソコンの出荷台数の推移
 
世界のChromebook需要の70%はアメリカが占めており、次いで日本が10%で続いています。
 
また、Samsungは今年のノートパソコン出荷台数の約50%をChromebookが占めているとのことです。

2021年後半に減速するChromebook需要

しかしながら、Chromebookの需要は2021年後半に減速が見込まれています
 
その原因の1つが市場の飽和です。
 
新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、これまでChromebookの成長ドライバーであった教育市場において、リモート授業が終了し始めると予測されています。
 
また、Chromebookの70%に搭載されている11.6インチの液晶パネルの価格高騰や、一部の半導体部品が不足しているため、Chromebookの利益率が低下しています。
 
このため、各メーカーが2021年後半のノートパソコン生産台数に占めるChromebookの割合を下げ始めているとのことです。
 
この結果、2022年におけるChromebookの出荷台数は前年比で-14.1%とマイナス成長になることが予想されています。これは、Chromebook以外のノートパソコンの成長率(-4.3%)を下回る値です。
 
Chromebookは2020年に初めてmacOSのシェアを上回りました
 
また、今年に入っても好調を維持しています。

 
 
Source:TrendForce via 9to5Google
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる