2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    【iOS15】Safariが大きく変化!最初は戸惑うが慣れると使いやすい

    iOS15 パブリックベータ

    iOS15 パブリックベータ
     
    iOS15ではSafariブラウザのデザインが大きく変わり、タブバーが画面上部から下部へと移動、また「タブグループ」が追加されます。
     
    iOS15パブリックベータでSafariをしばらく試した感想、気づいた点をお伝えします。

    タブバーが移動

    これまでは画面の一番上にあったタブバーがiOS15では下に移動します。検索する場合は、アドレス部分をタップすると上に移動するので、アドレスバーの上下移動が最初は不思議な感じがします。
     
    iOS15 パブリックベータ

    親指だけで操作しやすい

    AppleがiOS15プレビューでも説明していますが、アドレスバーが画面下にあるので、前のページに戻る、次のページへ移動するのも、親指1本で行えます。
     
    円の中に3つの点のあるアイコンをタップすると、コピー、テキストサイズ、ブックマークを追加、お気に入りに追加、マークアップなどのさまざまなアクションがすべて表示されます。また表示するアクションを編集することもできます。
     
    これまで複数のアイコンに分かれていたアクションがひとつのアイコンに統括されているのは、筆者のように各アイコンに含まれるアクションを忘れてしまいがちなユーザーには便利に感じます。
     
    iOS15 パブリックベータ

    タブグループ

    そしてもうひとつの大きな変化がタブグループです。iOS14では、iPhoneのSafariで複数ページを開いていて、右下のタブアイコン(四角が2つ重なったアイコン)をタップすると、現在開いているページが、縦に重ね合わせたように表示されます。
     
    ところがiOS15で同じタブアイコンをタップすると、ページが2列にカードを並べたように表示されます。各ページが重ならず、全体を見ることができるので、目的のページが探しやすいです。
     
    iOS15 パブリックベータ
     
    またアドレスバーをホールドしたまま左右にスワイプしても、ページを移動することができます。
     
    なお記事内で使用されている画像および情報は、取材に基づく特別な許可を得た上で掲載しています。また正式リリースではなく開発途中であるため、内容が今後変わる可能性もあります。
     
     
    参照元:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次