トップページ > HomePod > HomePod用ソフトウェアのベータに不具合、過熱や一部操作不能など
2021年7月5日 13時10分

読了まで 154

HomePod用ソフトウェアのベータに不具合、過熱や一部操作不能など

HomePod、HomePod mini


 
HomePod用のベータソフトウェアに不具合があり、過熱や一部の操作ができないといった問題が発生している、と報告されています。HomePod用ソフトウェアのベータは、招待制で提供されています。

本体の過熱、勝手に電源オフなどの症状

HomePodとHomePod mini用ソフトウェアのベータをインストールした結果、本体が異常に熱くなり、Siriで音楽の再生停止操作ができなくなる、過熱後に電源が切れる、といった不具合が海外掲示板サイトRedditで報告されています。
 
なお、現時点ではHomePod用のベータソフトウェアを旧バージョンにダウングレードすることはできません。

招待制のHomePod用ソフトウェアのベータ

Appleは、iOS15やiPadOS15macOS Montereyなどの開発者向けベータと登録ユーザー向けパブリックベータを提供していますが、HomePod用ソフトウェアのベータは、招待制での提供に限定しています。
 
しかし、招待を受けていなくても検索してHomePod用のソフトウェアを入手することは可能です。

パブリックベータ版の利用にはご注意を

iOS15やmacOS Montereyなどの次期OSは、2021年秋の一般ユーザー向け正式版のリリースに向けた、ベータテストの段階にあります。
 
パブリックベータは、登録すれば誰でも入手して次世代OSを体験できますが、iOS15ベータでも複数の不具合が確認されているように、未完成な状態のテスト版であることに注意が必要です。場合によってはデータの消失などの事態を招くため、メインで使用する端末にインストールすることは推奨されません。
 
 
Source:Reddit via 9to5Mac
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる