トップページ > Mac > macOS Big Sur 11.3以降で「Hello」スクリーンセーバを有効化する
2021年7月3日 10時30分

読了まで 149

macOS Big Sur 11.3以降で「Hello」スクリーンセーバを有効化する

New iMac AD


 
Wccftechが、macOS Big Sur 11.3以降のバージョンを実行中のMacで、「Helloスクリーンセーバを有効にする方法を説明しています。筆者も早速試してみました。

「Hello」スクリーンセーバを有効化する手順

Helloスクリーンセーバを有効にするには、以下の手順を実施します。
 

「スクリーンセーバ」フォルダを開く

 
「システム」-「ライブラリ」内の、「Screen Savers」フォルダを開きます。
 
Hello screensaver_1
 

「Hello.saver」を移動し、ファイル名変更

 
「Screen Savers」フォルダ内のファイル、「Hello.saver」をデスクトップなどにコピーします。
 
「Hello.saver」を別の名前に変更(筆者は、Hello iMac.saverに変更)します。
 
Hello screensaver_2
 

ダブルクリックしてインストール

 
名前を変更したファイルをダブルクリックし、インストールします。ファイル名が「Hello.saver」のままだと、「すでにインストールされています」との警告が表示されます。
 
Hello screensaver_3
 

スクリーンセーバの動作確認

 
システム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバ」に、「ハロー」が追加されました。プレビューにて、動作確認可能です。
 
Hello screensaver_4
 
 
Source:Wccftech
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる