トップページ > 最新情報 > Microsoft、Windows 11のCPU要件を引き下げる可能性あり
2021年6月29日 09時24分

読了まで 153

Microsoft、Windows 11のCPU要件を引き下げる可能性あり

Windows 11の画像


 
年内のリリースが予定されているMicrosoftのWindows 11にはアップグレードするためのさまざまな要件が設定されていますが、そのなかで厳しいと思われるものの1つがCPUについてです。ユーザーからの声を受けて、Microsoftはその要件を引き下げる可能性があります。

Intelの第8世代CoreまたはAMDのRyzen 2000以降でないとアップグレードできないWindows 11

Windows 11のアップグレード要件にはCPUやTPM 2.0など、さまざまなものが設定されています。
 
CPUに関しては、Intelであれば第8世代Core以降、AMDであればRyzen 2000以降でなくてはなりません。
 
Microsoftはこれについて、パフォーマンス、能力、品質、信頼性などの理由から古いCPUのサポートを中止したとしています。
 
また、古いCPUをサポートすることによる開発コストの上昇も背景にあるのではないかと考えられます。

Intelの第7世代CPUおよびAMDのZen 1世代CPUのサポートも行われる?

しかしながら、このCPU要件に対してはユーザーから怒りの声が上がっているとのことです。
 
このためMicrosoftはCPU要件を引き下げ、Intelの第7世代CPUおよびAMDのZen 1のCPUのサポートも行われる可能性があります。
 
まずはインサイダープログラムでテストを行い、十分なパフォーマンスが得られれば、今年後半に引き下げが行われる予定です。
 
しかしながら、第6世代以前のCPUについてはサポートが行われる予定はないとのことです。

 
 
Source:Windows Latest
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる