トップページ > Mac > Intel製CPU搭載MacではWindows 11は動作せず~対応策は存在?
2021年6月27日 10時58分

読了まで 155

Intel製CPU搭載MacではWindows 11は動作せず~対応策は存在?

MacBook Proで動作するWindows 11


 
次世代WindowsとしてMicrosoftから発表されたWindows 11には新たな動作条件が追加されています。AppleのIntel製CPU搭載のMacは残念ながらこの動作条件に合致せず、Windows 11を動作させることはできないようです。ただし、対応策は存在するという情報もあります。

TPM 2.0に対応していないIntel製CPU搭載Mac

Windows 11では新たな動作条件として、TPM 2.0への対応が求められています
 
TPMとはTrusted Platform Moduleの略で、パソコンにセキュリティ機能を提供するためのモジュールです。
 
暗号化やハッシュ、鍵生成、乱数生成などを行うことができ、パソコンの安全性を保つのに役立ちます。
 
たとえば、WindowsではBitLockerと呼ばれるストレージの暗号化機能で利用されています。
 
しかしながら、Intel製CPU搭載のMacは、CPU自体はTPM 2.0に対応している機種が存在するものの、マザーボードのファームウェアが対応しておらず、公式にはWindows 11に対応できません。

カスタムISOファイルを使えばWindows 11をインストール可能?

AppleInsiderによると、現在非公式に出回っているWindows 11では、カスタムISOファイルを使えばMacのTPM 2.0による制限は回避できるとのことです。
 
ただし、この手段が正式版のWindows 11でも有効であるという保証はありません。
 
また、現在出回っているWindows 11のISOファイルは正式なものではなく、入手や使用が推奨されるものではありません。

 
 
Source:AppleInsider
(ハウザー)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる