トップページ > 最新情報 > Internet Explorer、Windows 11ではデフォルトで無効に
2021年6月28日 17時32分

読了まで 158

Internet Explorer、Windows 11ではデフォルトで無効に

ie


 
MicrosoftのレガシーブラウザInternet Explorerは、新OS「Windows 11」ではデフォルトで無効化されていることがMicrosoftの発表で明らかになりました。

Microsoft Edgeがデフォルトのブラウザに

2022年6月15日をもってデスクトップアプリケーションのサポートを終了することが5月に発表されたInternet Explorerですが、Windows 11からも姿を消していることがわかりました。
 
Microsoftによれば、Internet ExplorerはWindows 11で“無効化”されているとのことです。
 
「Windows 11では、Internet Explorer 11のデスクトップアプリケーションは利用できません。Windows 11では、Microsoft Edgeがデフォルトのブラウザとなります」と、Microsoftの広報担当者は米メディアThe Vergeにコメントしています。
 
「MSHTMLエンジンは、Windows 11オペレーティングシステムの一部として存在し、Microsoft EdgeのIEモードを強化しています」

Windows 10の長期サービスチャネルではIEは継続

10年の長期サポートを提供するLong Term Servicing Channel (LTSC) のWindows 10では、来年6月の消費者向けサポート終了にも関わらず、Internet Explorerは継続して含まれ続けるようです。
 
Microsoftが新バージョンのWindowsにInternet Explorerを搭載しないのは実に20年以上ぶりのことです。
 
裁判の資料から、Internet Explorerが最初にデビューしたのは、1997年10月であることがわかっています。
 
 
Source:The Verge
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる