トップページ > 最新情報 > Windows 11におけるTPMの要件は回避できる?メーカーは無効状態で出荷可能
2021年6月28日 09時20分

読了まで 20

Windows 11におけるTPMの要件は回避できる?メーカーは無効状態で出荷可能

Windows 11のデスクトップの画像


 
Microsoftが発表したWindows 11ではTPM 2.0の搭載が必須とされており、これが特に古いパソコンにおいてWindows 11の動作を妨げる可能性があります。しかしながら、Microsoftの文書によると、Windows 11を動作させるのに必ずしもTPM 2.0を有効にする必要はないようです。

メーカーが出荷するパソコンはTPM有効化が必須ではない

TPMとはTrusted Platform Moduleの略で、暗号化などのセキュリティに関する処理を行うためのモジュールです。
 
MicrosoftによるWindows 11の最小ハードウェア構成に関するドキュメントに、このTPMに関しても要件が記載されています。
 
Windows 11においてTPMが必ずしも必須ではないことを示すMicrosoftのドキュメント
 
それによると、「Microsoftからの承認があれば、特別目的の商用システム向けOEMシステム、カスタムオーダー、およびカスタムイメージを持つ顧客システムは、TPMサポートを有効にして出荷する必要はありません」とされています。
 
つまり、必ずしもTPM 2.0が有効である状態のパソコンでないとWindows 11が動作しないというわけではないようです。
 
また、このドキュメントには、仮想マシンではTPMのチェックを行わなくてもWindows 11が動作可能であることが書かれています。

TPMの要件を回避するための方法をMicrosoftが準備中?

さらに、MicrosoftTPMの要件を回避するための方法あるいはインストールメディアを準備しているともいわれています。
 
リークされたWindows 11のビルドでは、レジストリやインストールメディアを変更することで、TPM 2.0の要件を回避できているとのことです。
 
このことはIntel製CPUを搭載したMacでも確認されています

 
 
Source:Microsoft via Windows Latest
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる