トップページ > iOS > 【iPadOS15】ファイルアプリがNTFSフォーマットに対応
2021年6月15日 23時33分

読了まで 141

【iPadOS15】ファイルアプリがNTFSフォーマットに対応

Apple iPadOS15 Preview


 
先日世界開発者会議(WWDC21)で発表されたiPadOS15において、「ファイル」アプリがNTFSフォーマットに対応していることがわかりました。

NTFSフォーマットのUSBメモリが読み取れる

これまでは、NTFSでフォーマットされたUSBメモリをiPadに差し込んでも、読み取ることができませんでした。しかしiPadOS15では「ファイル」アプリによって、NTFSフォーマットのUSBメモリが読み取れるようになります。
 
ただしNTFSフォーマット対応といっても、Macと同様に読み取りのみで、同フォーマットのUSBメモリにファイルをコピーすることはできません。それでも、読み取ることもできなかったことに比べれば、大きな進歩といえます。
 
NTFSとはMicrosoftにより、Windows NTから採用されたファイルシステムです。

複数ファイルをまとめて選択、プログレスバーの表示も

またiPadでマウスやトラックパッドを同期して使用している場合、iPadOS15ではMacと同じように、複数のファイルをまとめて選択し、コピーや移動、共有などができるようになります。
 
さらにiPadOS15では、ファイルをコピーする時にプログレスバーが表示されます。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる