トップページ > Apple Watch > 未発表のApple Watchの文字盤、WWDC21のセッションで発見
2021年6月9日 10時50分

読了まで 153

未発表のApple Watchの文字盤、WWDC21のセッションで発見

World Timer


 
Appleの世界開発者会議(WWDC21)の開発者向けのセッション「What’s New in UIKit」にて、同社が未発表のApple Watchの文字盤「World Timer」の存在が確認されました。

Apple未発表の文字盤「World Timer」

Appleは、WWDC21にてwatchOS8の文字盤として「ポートレート」モード1種類のみを発表しています。World Timerの文字盤の詳細は明らかにされておらず、他の複数のiPhoneのスクリーンショットとともに誤ってスライドに映し出されたようです。
 
文字盤は24時間表示で世界地図と主要都市名が記されているアナログ時計で、ユーザーは世界中の様々なタイムゾーンの現在時刻を確認できます。デザイン的には、マルチタイムゾーン機能を備えた高級時計や、2つの異なるタイムゾーンの時刻を同時に表示できるGMTウォッチの文字盤にも似ています。
 


 
watchOS8では、World Timerの文字盤は正式に発表されていない為、Appleが今後のベータ版のアップデートで導入を計画している可能性があります。
 
なお、同社はWWDC21においてwatchOS8を発表し、ベータ1を開発者向けにリリースしています。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる