トップページ > iOS > Apple、次期OSでプライバシー保護をさらに強化
2021年6月8日 14時31分

読了まで 240

Apple、次期OSでプライバシー保護をさらに強化

Apple_iPhone12Pro-Safari-Privacy-Report_060721_inline.jpg.medium_2x


 
Appleは、次期OSであるiOS15、iPadO15、macOS Monterey、watchOS8において、ユーザーのプライバシー保護をさらに進化させると発表しました。

メールプライバシー保護

多くのユーザーは日々何通もの宣伝メールを受け取っていますが、これらのメールの中には差出人が目に見えないピクセルを使い、ユーザーに関する情報を勝手に収集しているケースが多々あります。
 
メールアプリの新しい「メールプライバシー保護」機能は、ユーザーがいつメールを開いたかを差出人が知るのを防ぎ、ユーザーのIPアドレスをマスキングすることで、差出人がユーザーのIPアドレスからユーザーのオンライン上の行動や位置情報を推測できないようにします。

SafariのIPアドレス保護機能

Safariには新たに、IPアドレスをトラッカーから隠す機能が追加されます。これまでにもインテリジェント・トラッキング防止機能により、トラッカーを阻止してきましたが、IPアドレスも隠してしまうことで、トラッキング防止機能はさらに強力になります。

アプリのプライバシーチェック

ユーザーは「アプリケーションのプライバシーレポート」で、各アプリが以前付与された許可を使って、過去7日間にユーザーの位置情報、写真、カメラ、マイク、連作先にアクセスした頻度を確認することができます。
 
またアプリがやり取りしているすべての第三者のドメインを表示して、自分のデータが共有されていないかを確認することもできます。
 
Apple_iPhone12Pro-settings-app-privacy-report-TheSketchSpace_060721_carousel.jpg.medium_2x

Siriへのリクエスト音声をデバイス上で処理

アプリの起動、タイマーやアラームの設定、設定の変更といった多くのSiriへのリクエストを、インターネットに接続せずに機械学習を用いて、デバイス上で処理することが可能になっています。従ってSiriとのやり取りが録音される機会が減少、音声の流出を心配する必要性がなくなります。

Private Relay

iCloud+では、これまでのiCloudストレージと同じ料金で、追加のプライバシー保護サービスが提供されます。
 
Private Relayでは、ユーザーのデバイスから発信されるすべてのトラフィックを暗号化した上で、ユーザーのリクエストを2つの別々のインターネットリレーを通じて送信します。1つ目はユーザーの実際の位置情報ではなく地域に割り当てられた匿名のIPアドレスをユーザーに割り当て、2つ目はユーザーが訪問しようとしているWebアドレスを復号し、目的の場所にユーザーを転送します。
 
1つのリレーはAppleから、もう1つのリレーはサードパーティーから提供されており、まったく別々のものであるため、情報が完全に分割され、誰も特定することができません。Private RelayはVPNではありません。

「メールを非公開」

iCloud+の新サービスのひとつ、「メールを非公開」では、「Appleでサインイン」の機能を拡張したもので、ユーザーはいつでも好きな時にユニークでランダムなEメールアドレスを共有し、転送して受け取ることができるので、プライベートなEメールアドレスを守ることができます。ユーザーは必要な数のアドレスをいつでも作成・削除することができます(原則、作成できるメールアドレスの数に制限はありません)。
 
Apple_iPhone12Pro-safari-hide-my-email_060721_inline.jpg.medium_2x

 
 
Source:Apple
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる