トップページ > 最新情報 > ユーザーの個人情報を最も多く収集しているiOSアプリとは?
2021年6月6日 10時56分

読了まで 218

ユーザーの個人情報を最も多く収集しているiOSアプリとは?

プライバシーラベル


 
Appleはユーザーのプライバシー保護のため、2020年12月より、iOSアプリに「プライバシーラベル」の表示を義務付けました。ラベルを見れば、そのアプリがどんなデータを収集しているのかが、ひと目でわかるようになっています。
 
Surfsharkが200以上のiOSアプリのプライバシーラベルをチェックし、どのアプリが最も多くのデータを収集しているのか、またSNSやデリバリー、ブラウザなど、カテゴリーによって違いがあるのかなどをまとめ、公開しています。

Facebook系アプリがトップ3に

Surfsharkの調査によると、個々のアプリによって差はあるものの、平均するとソーシャルメディアとフードデリバリーアプリのデータ収集量が最も多く、ブラウザと画像編集アプリの収集量が最も少ないという結果となりました。
 
なお全アプリの中で最もデータ収集量が多かったトップ3はFacebook、Instagram、Messengerで、すべてFacebook系アプリでした。

上位3アプリは32すべてのデータタイプにアクセス

Surfsharkは今回の調査にあたり、プライバシーラベルに表示されている32のデータタイプ(連絡先、健康とフィットネス、位置情報、検索履歴、購入履歴など)をもとに、各アプリがどのデータにアクセスしているかをチェックしました。
 
つまり下の一覧の一番右の項目「Total Segments」の最大値は32となり、Messenger、Facebook、Instagramは、32のデータタイプすべてを収集していることを意味します。10位以降のランキングに関心がある方は、Surfsharkのページを参照してください。
 
個人データ収集ランキング

同じカテゴリーでもデータ収集に大きな差

次のグラフはメッセージ、ソーシャルメディア、決済、ショッピングなどカテゴリー別に、最も多くのデータを収集しているアプリと、データ収集量が最も少ないアプリを並べたものです。
 
01_Most-and-least-data-hungry-apps_ALL
 
このグラフを見ると同じカテゴリーに属するアプリでも、収集しているデータ量に大きな差があることがわかります。
 
Surfsharkによれば、一般に人気のあるアプリ(ダウンロード数の多いアプリ)ほど、多くの個人データを収集する傾向が高いとのことです。
 
なお別の調査から、Instagramが最も多くの情報をサードパーティーと共有していることがわかっています(第2位はFacebookでした)。

 
 
Source:Surfshark via PhoneArena
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる