2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    プライバシーラベルから判明〜インスタとFBが最もユーザーデータを他社と共有


     
    Appleが昨年12月より、iOSアプリに表示を義務付けている「プライバシーラベル」をpCloudが分析した結果、最も多くのユーザーデータを他社と共有しているアプリはInstagramであることが判明しました。

    1位2位はFacebookのアプリ

    pCloudは、サードパーティーアプリのプライバシーラベルを分析、各アプリがどのくらいユーザーデータを収集しているのか、また収集したデータを他社と共有しているのかをまとめました。
     
    それによると「サードパーティーとユーザーデータを共有しているアプリ」ランキングでは、79%ものデータを収集・共有しているInstagramがダントツのトップとなりました。同アプリは購入情報、個人データ、閲覧履歴を含むありとあらゆるデータを、他社と共有しています。
     
    そして「名誉ある」2位の座を射止めたのは、57%のデータを他社と共有しているFacebookでした。
     
    その後にLinkedIn(50%)、Uber Eats(50%)、Trainline(43%)、YouTube(43%)、YouTube Music(43%)と続いています。
     

    「自社利益に活用」ランキングでもFBアプリが首位に

    また「自社の利益のためにユーザーデータを収集しているアプリ」(つまりユーザー利益ではなくマーケティングなどに活用するために収集している)ランキングでも、Facebook(86%)、Instagram(86%)と、Facebook所有のアプリが1位となっています。FacebookがAppleの新しいプライバシー保護方針に反対するのもうなづけるというものです。
     

    他社とデータを共有しないアプリも存在

    一方で、ユーザーデータをサードパーティーと共有しないアプリも存在します。最近注目を集めている音声SNSのClubhouse、動画配信のNetflix、Shazam、Skype、Zoomなどは、ユーザーデータを他社と共有したり、マーケティングに活用したりしていません。
     

     
     
    Source:pCloud via MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次