トップページ > iPhone12 Pro > MagSafeで川底からiPhone12 Proを救出
2021年5月31日 02時39分

読了まで 20

MagSafeで川底からiPhone12 Proを救出

iphone12 pro


 
ドイツ首都ベルリンの運河に沈んだiPhone12 Proが、MagSafeを介してマグネットフィッシングで無事釣り上げられたとの報道です。

デバイスは無事動作が確認!

アプリ開発者のフレデリック・リーデルさん(@frederikRiedel)の友人が、ベルリンの運河にiPhone12 Proを誤って落としてしまい、デバイスは水深3メートルの泥の中に沈んでしまいました。
 
リーデルさんの友人は自力で泥からの救出作業を行ったものの、Nintendo Switchが見つかっただけでした。
 
そこでリーデルさんは、マグネットフィッシングの釣り竿を作るアイデアを思いつきます。iPhone12 Proの背面にはMagSafeが搭載されており磁石がくっつくため、水底からデバイスを釣り上げることに成功しました。
 


 
iPhone12 Proが救出されたのは深夜の3時ごろとみられています。デバイスは何時間も水中に沈んでいましたが、無事動作は確認され、バッテリーはほぼ満タンだったようです。

磁石での救出劇は過去にも

磁石を使ったiPhoneの救出例は今回が初めてではありません。
 
今年3月には、凍った湖に落下したiPhone11 Proが1カ月後に磁石で釣り上げられ、問題なく動作したと報じられました。
 
iPhone11 ProはMagSafeを搭載していませんが、金属の筐体に磁石が反応するのか、マグネットフィッシングで釣り上げ可能なことがわかっています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : iPhone12 Pro, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる