トップページ > 最新情報 > Apple、中国のデータセンターを正式稼働、政府系企業と共同運営
2021年5月29日 22時58分

読了まで 138

Apple、中国のデータセンターを正式稼働、政府系企業と共同運営

apple ロゴ


 
日本経済新聞等の複数メディアは5月29日、Apple中国で建設していたデータセンターが完成し、正式に稼働を開始したと報じました。

Appleのデータセンター

日経新聞によると、Appleが中国貴州省で地方政府系企業と共同で建設を進めていたデータセンターがこのたび完成し、運用を開始したと地元共産党系メディアが報じました。
 
Appleのパートナーとなった企業は、貴州省政府系企業の雲上貴州大数据産業発展(Guizhou-Cloud Big Data Industry:GCBD)です。
 
中国では2017年、クラウドサービスのデータ等について、中国国内での保存を義務付けるサイバーセキュリティ法が施行されており、Appleは2018年に中国の顧客情報等を中国内のサーバーに移行していました。
 
産経新聞によると、Appleは貴州省のデータセンターについて2018年5月から建設を行っていたとみられ、地元政府と協力し、10億ドルを投資していると言われています。
 
今後、データセンターはAppleが技術面を、GCBDが運用面を担当し、共同で運営していく模様です。
 
 
Source:日本経済新聞, 産経新聞
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる