トップページ > Apple Watch > 一部のApple Watch Series 3、OSアップデートできない問題が発生
2021年5月28日 08時20分

読了まで 228

一部のApple Watch Series 3、OSアップデートできない問題が発生

Apple Watch Series 3


 
iOS14.6へのアップデート後、一部のApple Watch Series 3ユーザーがwatchOSをアップデートできない問題が報告されています。Apple Watch Series 3の内部ストレージ容量の不足が原因とみられます。

内蔵ストレージ不足でApple Watch Series 3をアップデートできず

先日一般向けに公開されたiOS14.6をiPhoneにインストールしたApple Watch Series 3(GPSモデル)のユーザーが、watchOSをアップデートするのに必要なストレージが不足していると表示されてアップデートを実行できない問題が発生している、と米メディア9to5Macが報じています。
 
Apple Watch Series 3のGPSモデルで、同様の問題が複数報告されていることについて同メディアは、内蔵ストレージ容量が8GBしかないのが原因だろう、と指摘しています。
 


 

Appleはバックアップからの復元を推奨

Appleは「容量不足でApple Watchをアップデートできない場合」というサポートドキュメントを公開しています。
 
Apple Watch Series 4以降のモデルについては再起動、メディアやアプリの削除が案内されていますが、Apple Watch Series 3については、新しいデバイスとして設定するか、バックアップから復元する方法が案内されています。
 
「容量不足で Apple Watch をアップデートできない場合」
 

watchOS8はApple Watch Series 3非対応に?

Appleは、現在も、Apple Watch Series 6、Apple Watch SEと並んでApple Watch Series 3の販売を継続しています。
 
Apple Watch 比較
 
9to5Macは、現地時間6月7日に開幕する世界開発者会議(WWDC21)で発表が見込まれるwatchOS8で、Apple Watch Series 3が非対応となり、販売終了となるのではないか、と推測しています。
 
なおAppleは先日、watchOS8で対応するとみられる、Apple Watchをジェスチチャーで操作できるアクセシビリティ機能を予告しています。
 
 
Source:9to5Mac, Appleサポート
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる