トップページ > 最新情報 > Twitterで木村花さんを中傷した男性、約130万円の損害賠償命令
2021年5月19日 23時01分

読了まで 24

Twitterで木村花さんを中傷した男性、約130万円の損害賠償命令

東京地裁


 
NHKは5月19日、女子プロレスラーの木村花さんを中傷するツイートを行った男性に、約130万円の損害賠償を命じる判決が下されたと報じました。

ツイートした男性を提訴

テラスハウス
 
女子プロレスラーの木村花さんは、フジテレビの人気番組「テラスハウス」に出演し、SNSでの度重なる中傷を受け、2020年5月に自殺で亡くなりました。
 
なお、フジテレビは木村さんの死去を受けて番組の制作を中止しています。
 
木村さんの母親の木村響子氏は、Twitterで木村さんを中傷したとして、長野県の男性を相手取り、東京地方裁判所に提訴していました。
 
日本経済新聞は、響子氏は2020年6月からTwitterやインターネットプロバイダーに対して、投稿者のIPアドレスや氏名、住所の開示を求めて、裁判所への仮処分申請や提訴を行ってきたと報じています。
 
その後、投稿者が長野県の男性だと判明し、2021年1月に損害賠償を求めて民事裁判を提起しました。

約130万円の損害賠償

NHKや日経新聞によると、被告の男性は、木村さんの死後に「あんたの死でみんな幸せになったよ、ありがとう」「お前の自殺のせいで中止。最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ」とツイートしました。
 
木村響子氏は裁判において「母親が娘を思う気持ちを侵害している」と主張し、投稿者に対して損害賠償を求めました。
 
被告の男性は裁判期日に出廷せず、また反論するための答弁書の提出も行わなかったため、響子氏の主張を全面的に認めたものとみなされ、約130万円の損害賠償を命じる判決が下されています。

投稿に対する損害賠償命令相次ぐ

東京高等裁判所は5月12日、ブログに差別的な表現を含む投稿を行った男性に対して130万円の損害賠償を命じる判決を下しています。
 
Twitterやブログへ軽い気持ちで他人を中傷する投稿を行った結果、民事訴訟を提起され、高額の損害賠償を命じられるケースが続いています。
 
 
Source:NHK, 日本経済新聞
Photo:東京地方裁判所, テラスハウス公式ページ
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる