トップページ > 最新情報 > Apple、一部ユーザーで追跡要求の許可・拒否ができない問題を修正
2021年5月19日 13時16分

読了まで 151

Apple、一部ユーザーで追跡要求の許可・拒否ができない問題を修正

ATT


 
AppleはiOS 14.5からアプリのユーザー追跡をユーザーが明示的に許可、拒否できるようにしました。しかし一部ユーザーでアプリからのトラッキング要求の許可・拒否ができない状態となっていました。この設定不可の原因は不明ですが、昨日頃から不具合が徐々に解消しているようです。

広告の設定と関連?

iOS14.5をインストールすると「Appからのトラッキング要求を許可」がの選択肢が表示されるようになります。しかし一部のユーザーでは選択するためのトグルがグレーになっていて、選択できない状態が続いていました。原因ははっきりしないのですが「Appleが配信する広告」の設定でパーソナライズされた広告の配信を拒否したまま、iOS14.5にアップデートするとこうした状態に陥る可能性が高いとされます。
 
Appleは未成年のApple IDで使われているデバイスユーザー追跡用のプロファイルがインストールされているデバイスでは選択ができないことを認めていますが、大半のユーザーはおそらくパーソナライズされた広告の設定に由来した不具合だったと考えられています。
 


 
この不具合が昨日から徐々に解消されているようです。SNSなどで設定不可を訴えていたユーザーから、選択が可能になったとの報告が上がっています。Appleがどのような対処を行なったかは不明ですが、iOS14.5.1でも解消しなかった不具合が何らかの形で修正されたことになります。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる