トップページ > 最新情報 > WhatsAppのiOSアプリにプライバシーに重点を置いた“消えるメッセージ”が追加
2021年5月17日 16時42分

読了まで 145

WhatsAppのiOSアプリにプライバシーに重点を置いた“消えるメッセージ”が追加

whatsapp


 
Facebookが運営するWhatsAppは、新たなプライバシーポリシーの導入によりユーザー離れが進んでいるといわれています。WhatsAppは近日中に、プライバシーを重視した“消えるメッセージ”機能を追加することが明らかになりました。

既読後メッセージが自動消滅

WABetaInfoによれば、WhatsAppの“消えるメッセージ”機能は以下のように発表されるとのことです。
 

今日、当社は“消えるメッセージ”(Disappearing Mode)を発表します!
 
プライバシーが好みなら、消えるメッセージがおすすめです。機能は、連絡先情報とグループ情報から有効にできますが、誰かとチャットを始める際にマニュアルで有効にしなければならないこともあります。

 
機能はまだ実装されていませんが、“消えるメッセージ”を有効にするとメッセージは既読となった瞬間に自動で消滅するようになります。

5月15日から機能制限を開始

WhatsAppは、電話番号、メタデータ、連絡先情報などをFacebookと共有することを許可する新たなプライバシーポリシーに同意しないユーザーに対して、5月15日からアプリの一部機能を制限しています。
 
WhatsAppはユーザー離れが加速しており、よりプライバシーを保護するとされる他社アプリへの乗り換えが進んでいると伝えられています。
 
 
Source:WABetaInfo via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる