トップページ > iPhone13 > iPhone13とiPad mini Proが搭載?Face ID用センサーが小型化
2021年5月14日 22時50分

読了まで 151

iPhone13とiPad mini Proが搭載?Face ID用センサーが小型化

iPhone and iPad Face ID


 
台湾メディアDigiTimesがサプライチェーン関係から入手した情報とし、「Face IDの3Dセンサーとして搭載される垂直共振器面発光レーザー(VCSEL:Vertical Cavity Surface Emitting Laser)チップの大きさが、40%〜50%小型化される」と報じました。

2021年後半に登場するiPhoneとiPadが搭載

DigiTimesによれば、Face IDに使われているVCSELスキャナ用チップのダイサイズを40%〜50%削減できるとのことです。 VCSEL スキャナは、TrueDepthカメラLiDARで3D深度計測するのに用いられています。
 
同メディアは小型化したVCSELスキャナが搭載されるデバイスについて、「2021年後半に登場するiPhoneとiPad」と報じていることから、小型化したVCSELスキャナiPhone13シリーズだけではなく、iPadにも搭載される可能性があるようです。

開発中と噂の、フルスクリーンディスプレイ搭載iPad mini

その場合、発表されたばかりの新型iPad Proが早速部材を変更するとは考えにくいので、今年後半の登場もあり得ると噂のiPad mini Pro、もしくはiPad mini(第6世代)のFace ID用として搭載されるのかもしれません。
 
もしくは、2眼カメラ搭載モデルのようなリアカメラハウジング部のリーク画像が報告された、iPad(第9世代)がLiDARを搭載することも考えられます。
 
 
Source:DigiTimes via The Apple Post
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

カテゴリ : iPhone13, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる