トップページ > 最新情報 > Apple、iOS14.5の署名停止。iOS14.5.1からのダウングレードは不可に
2021年5月11日 10時43分

読了まで 139

Apple、iOS14.5の署名停止。iOS14.5.1からのダウングレードは不可に

iOS14.5


 
Appleは先週、iOS14.5.1をリリースしたのに伴い、4月下旬に公開された「iOS14.5」の署名を停止しました。これにより、iOS14.5.1からiOS14.5へのダウングレードはできなくなります。

iOS14.5へのダウングレードが不可に

Appleは、ユーザーにOSを最新の状態に保つことを推奨しているため、新しいソフトウェアがリリースされた後、旧バージョンのソフトウェアアップデートへの署名を停止しています。
 
iOS14.5は、Apple Watchを身に着けていればマスクをしたままでも顔認証をしてiPhoneの画面ロックを解除できる新機能や、「マップ」のクラウドソーシング機能が追加されるなど、多くの新機能が追加されたメジャーアップデートとなりました。そのほか、デュアルSIMモードでも5Gが使用可能となり、新しい絵文字の追加や、AirTagに対応するなどの変更が加えられています。
 
iOS14.5.1では、「アプリのトラッキングの透明性」のプロンプトが一部のユーザーに表示されなかったバグの修正や、WebKitに関連する2つの脆弱性への対処が含まれています。また、Appleは先週、iOS14.4.2の署名を停止しています。
 
 
Source:MacRumors
(m7000)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる