トップページ > AirTag > AirTagに簡単にアクセス可能な「開発者モード」が発見される
2021年5月6日 23時43分

読了まで 155

AirTagに簡単にアクセス可能な「開発者モード」が発見される

AirTag 開発者モード


 
Appleの紛失防止タグAirTagに、「開発者モード」が発見されました。iPhone11シリーズとiPhone12シリーズから簡単に呼び出して、iPhoneが取得した情報をリアルタイムで表示できます。

iPhoneから取得した情報をリアルタイムで表示

AirTagを購入したものの、iPhoneとの接続がうまくいかないと嘆いていたRedditユーザーのcyem氏が偶然、AirTagの「開発者モード」を発見しました。
 
開発者モードに入ると、AirTagの方向などの情報だけでなく、iPhoneのジャイロセンサーや加速度計の情報、通知音や振動の状況がリアルタイムに表示されます。
 
同モードでは「INTERACTIVE MODE」と「PROXIMITY MODE」の切り替え、探す画面の色や透過度の変更、AirTagの位置を示すドット数の変更、「エコモード」のオンオフが操作可能です。また、実際のAirTagの位置に関係なく動作するデモを見ることもできます。

AirTagの名前を4回タップすると開発者モードに

開発者モードには、U!チップ搭載のiPhone(iPhone11シリーズ、iPhone12シリーズ)の「探す」アプリでAirTagを探す画面で、AirTagにつけた名前を4回タップすると入ることができます
 
再びAirTagの名前を4回タップすると、通常モードに戻ることができます。
 
筆者も試してみたところ、米メディアMacRumorsがコメントしているように、一般のユーザーには特にメリットもデメリットもなさそうです。それでも、AirTagを探す動作の背後でiPhoneが行なっている処理を垣間見て楽しむことができます。
 
 
Source:cyem/Reddit, MacRumors
(hato)

カテゴリ : AirTag, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる