AirTagをつけて海外に行った場合どうなる?機能が一部制限される地域も - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > AirTagをつけて海外に行った場合どうなる?機能が一部制限される地域も
2021年4月24日 04時22分

読了まで 216

AirTagをつけて海外に行った場合どうなる?機能が一部制限される地域も

airtag


 
Appleが先日オンラインイベントで発表した紛失防止タグAirTagは、旅行カバンやスーツケースに取り付けるのにぴったりですが、どの機能を使用する場合にタグの近くにいる必要があるのか、国や地域によって使用できない機能はあるのかなどを知っておいて損はないかもしれません。

「正確な場所を見つける」機能は特定の国々では使用できない?

AirTagには、超広帯域テクノロジーを使用するAppleが設計したU1チップが搭載されていますが、同じくU1チップが内蔵されているiPhone11とiPhone12を持つユーザーは、「正確な場所を見つける」という、カメラやARKit、加速度センサー、ジャイロスコープからの情報を組み合わせ、聴覚的、触覚的、視覚的なフィードバックでユーザーをAirTagへ導く機能が利用できます。
 
しかしながら、U1チップの超広帯域テクノロジーは世界中でサポートされているわけではないため、以下の国々では「正確な場所を見つける」機能を使うことはできません。
 

  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • ベラルーシ
  • インドネシア
  • カザフスタン
  • キルギス
  • ネパール
  • パキスタン
  • パラグアイ
  • ロシア
  • ソロモン諸島
  • タジキスタン
  • トルクメニスタン
  • ウクライナ
  • ウズベキスタン

Bluetoothを使った位置特定は可能

「正確な場所を見つける」機能が利用できない国々でも、AirTag所有者は30〜40フィート(9.14〜12.2メートル)以内にいれば、Bluetoothを使ったAirTagの位置特定が行えます。AirTagにはスピーカーが内蔵されており、「探す」アプリで音を鳴らすか、Siriに音でAirTagを探してもらうかを選ぶことができます。
 
Bluetoothが機能する範囲外にいる場合は、Appleデバイスで構成される「探す」ネットワークに頼る必要があります。

「探す」ネットワークが使えない地域もある?

AirTagが30〜40フィートの範囲の外にあるとき、10億台ものAppleデバイスの上に成り立つ「探す」ネットワークに頼ることになりますが、辺境に出向いた場合など、AirTagが近くになく、Appleデバイスがその地域にまったくないといったこともあるかもしれません。
 
「探す」ネットワークによるAirTagの現在位置が特定できない場合は、AirTagが最後に「探す」ネットワークに現れたときの過去の情報のみ閲覧可能となります。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる