トップページ > 最新情報 > NVIDIAとMediaTekが提携~高性能GPUをChromebookへ搭載
2021年4月14日 08時24分

読了まで 212

NVIDIAとMediaTekが提携~高性能GPUをChromebookへ搭載

Chromebookの画像


 
GoogleのChromebookはシェアがMacを上回るなど、非常に勢いがあります。NVIDIAはMediaTekと提携し、同社のRTXシリーズGPUをChromebookに搭載するための共同作業を開始すると発表しました。レイトレーシング技術を使ったリッチなゲームがChromebookでプレイできるようになるかもしれません。

ChromebookにNVIDIAのRTXシリーズを搭載するための提携

発表によると、NVIDIAMediaTekの提携は、Chromium、Linux、NVIDIA SDKをサポートするリファレンス・プラットフォームの構築に向けたものとのことです。
 
具体的には、MediaTekのArmベースのシステム・オン・チップ(SoC)とNVIDIAのRTXシリーズGPUを組み合わせることで、Chromebookでレイトレーシンググラフィックスなどを実現します。
 
MediaTekのCEOであるリック・ツァイは、この提携によって得られるGPUアクセラレーションは、Armのエコシステム全体にとって大きな力になるとしています。

MediaTekがChromebookの高性能化を目指す?

性能が高いGPUとして知られるNVIDIAのRTXシリーズを搭載するということは、MediaTekがChromebookの高性能化を目指すことを意味しているかもしれません。
 
これまでのMediaTek製SoC搭載のChromebookはコストパフォーマンスに優れたものばかりであり、性能の高いChromebookにはIntel製のCPUが搭載されていました。
 
また、Chrome OS上でSteamのゲームが動作する「Borealis」と呼ばれるプロジェクトが進められているともいわれ、そのために高性能なGPUが役に立つのかもしれません。
 
今のところ、MediaTek製SoCとNVIDIAのRTXシリーズGPUを搭載するChromebookを開発しているメーカーは明らかになっていません。
 
GoogleのChrome OSは2020年にはMacのシェアを上回るなど、勢いがあります。
 
また、MediaTekは2020年にQualcommを抜いてスマートフォン向けSoCのシェアトップに躍り出ました。

 
 
Source:NVIDIA via 9to5Google
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる