2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、2021年はミリ波の5G対応モデルを多く送り出す?

    5g

    5g
     
    5Gには、LTEや無線LANなどでも使用される周波数を使ったサブ6GHz帯と、26GHz帯以上のミリ波の主に2種類がありますが、Apple今年ミリ波の5G対応モデルを多く出荷すると予測される、と台湾DigiTimesが伝えています。

    昨年はあえてミリ波の5G対応iPhoneの出荷台数を制限

    DigiTimesによれば、世界経済が回復に向かいつつあることを受け、Apple2021年にミリ波の5G対応のiPhoneの出荷を加速させるとのことです。これにより、ミリ波をサポートするアンテナ・イン・パッケージ(AiP)モジュールの需要が著しく成長する見通しであるとのことです。
     
    Appleは2020年、パンデミックの影響により米国とヨーロッパでインフラ整備が遅れると見越して、あえてミリ波の5G対応iPhoneの出荷台数を低めに抑えたとされています。

    iPhone13 ProシリーズにはProMotionディスプレイを搭載か

    DigiTimesは、今年発売見込みのiPhone13 Proシリーズには、高リフレッシュレートのProMotionディスプレイが搭載され、15%〜20%の消費電力削減が実現する、と報じています。
     
    iPhone13 Proシリーズのディスプレイ供給は、Samsung DisplayとLG Displayにより行われる見通しですが、加えて中国BOEもサプライチェーン入りを模索しているとのことです。
     
     
    Source:DigiTimes
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次