トップページ > 最新情報 > Google Pixel 6が自社設計8コアARMチップを搭載か
2021年4月3日 02時33分

読了まで 143

Google Pixel 6が自社設計8コアARMチップを搭載か

Pixel-5-6


 
9to5Googleによれば、Google Pixel 6は自社設計の8コアARMチップを搭載するようです。

コードネーム、Whitechapelを開発中か

Google Pixel 6に搭載される自社設計の8コアARMチップは、「コードネーム:Whitechapel」、社内呼称「GS101」と呼ばれているようです。
 
「GS」は「Google Silicon」の略だと考えられるようです。

Samsungとの共同開発?

Whitechapel」は「Slider」というコードネームにも関連して使われており、「Google Camera」アプリのコードにも記述されていると、9to5Googleは伝えています。
 
「Slider」は、「Whitechapel」などのGoogle設計のシステム・オン・チップ(SoC)の共有プラットフォームを示すようです。
 
9to5Googleによれば、「Whitechapel」はSamsung SemiconductorのSLSI(System Large Scale Integration)部門とGoogleが共同で開発しているとのことです。
 
「Whitechapel」を搭載するGoogle Pixel 6は、今秋の発表が予想されています。
 
 
Source:9to5Google via Wccftech
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる