トップページ > 最新情報 > FFシリーズから派生した「FΛNTΛSIΛ‪N」がApple Arcadeで配信開始
2021年4月2日 19時20分

読了まで 243

FFシリーズから派生した「FΛNTΛSIΛ‪N」がApple Arcadeで配信開始

fantasian


 
ファイナルファンタジーを生み出した、坂口博信氏がおくる完全新作RPG「FΛNTΛSIΛN」がApple Arcadeでリリースされました。手作りのジオラマによるフィールド、ストーリー、植松伸夫氏の音楽、戦略性のある戦闘が特徴となっています。

40〜60時間で物語が帰結する“終わりのある”ゲーム設計

ジオラマの上の冒険

FΛNTΛSIΛNでは、手づくりで制作された150近くの“ジオラマ”の上を探索します。
 
「あそこに何かありそうだな」と思ったところに、本当に宝箱があったり・・・というような、きめ細かい、丁寧な設計が心がけられています。
 
fantasian
 
前編が20〜30時間、後編が20〜30時間の、合計40〜60時間で“終わりのある”ゲームとなっています。前半はストーリー展開に沿って、後半は自由度の高いクエスト方式によってよりオープンに展開します。
 

バトル

戦闘はフィールド上でランダムエンカウントし、ターン式で進行します。
 
fantasian
 
特徴的なのは「ディメンジョン・システム」と呼ばれるもので、これはエンカウントした敵を、異次元に吹き飛ばし、そこに溜めていくシステムです。
 
戦闘せずにフィールドを探索し、好きなときにまとめて戦うことができます。
 
ディメンジョンバトルでは、プレイヤーを有利にするギミックが登場するので、うまく使えば爽快感をもって戦闘することができます。
 
また、ボス戦は、戦略性の高い方向性で制作されており、うまくスキルやアイテムを駆使すれば、低いレベルでも倒すことができるような、考える楽しみをもった戦闘になっています。
 

サウンド

ファイナルファンタジーシリーズで知られる作曲家の植松伸夫氏が60曲の全曲を書き下ろしました。
 
オーケストラの深い音色とシンセサイザーの独特な音源で、FΛNTΛSIΛNの世界を彩ります。

クックCEOが制作現場を訪問

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、2019年にFΛNTΛSIΛNのクリエーターの坂口氏のスタジオを訪問し、ゲームの制作現場を見て「素晴らしい!」とコメントしています。
 


 
Apple Arcadeには定期的に新作ゲームが追加されており、3月下旬にはロードトリップ・ミステリー「Hitchhiker」が配信開始となったばかりです。
 
Apple Arcadeの月額料金は600円(税別)で、家族6人までサブスクリプションを共有することができます。
 
 
Source:MacRumors
Photo:MISTWALKER CORPORATION
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる