トップページ > iOS > iOS14.5ベータ6でバッテリー再調整機能が追加
2021年4月1日 04時22分

読了まで 29

iOS14.5ベータ6でバッテリー再調整機能が追加

ioS14.5ベータ6


 
Appleは現地時間3月31日、開発者向けにiOS14.5およびiPadOS14.5ベータ6をリリースしました。

新機能について解説するページも存在する?

このベータ6では、内蔵バッテリーのパフォーマンス性能表示が想定を下回る場合、ユーザーが自分で再調整できる新機能が追加されていることが判明しました。
 
米メディア9to5Macは最初、このバッテリー再調整機能に関する記述を、iOS14.5ベータのコード内で発見したそうです。このコードには、新機能についてのより詳しい説明やiOS14.5に関する説明などを記したページのURLも含まれていたとのことです。
 
なお9to5MacはこのURLが現在すでに公開されていると記事中で記していますが、筆者が確認した時点では、ページを閲覧することができなくなっていました。
 
【追記】
その後、日本語のサポートページも公開されています

iPhone11/11 Pro/11 Pro Maxでしか使えない

なお理由は不明ですが、このバッテリー再調整ツールは現段階では、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxでしか利用できないようです。
 
以下は9to5MacがAppleのサポートページに掲載されていたとする文章を訳したものです。
 

今春登場予定のiOS14.5では、バッテリーの状態を報告するシステムがアップデートされ、iPhone11、iPhone11 ProおよびiPhonee11 Pro Maxの最大バッテリー容量とピークパフォーマンス性能を再調整し、一部のユーザーにおいて発生しているバッテリー状態の不正確な見積もりを解消します。このバグにはバッテリー残量が突然激減する、あるいはまれにしか発生しない問題ではありますが、ピークパフォーマンス性能が低下するといった症状が含まれます。バッテリー状態の不正確な見積もりは、実際のバッテリー状態を反映するものではありません。

 

なおバッテリー再調整は、通常の充電サイクルの最中に実行されるため、完了までには数週間かかる場合があるそうです。再調整が完了すると、最大容量とピークパフォーマンス性能のデータが正しくアップデートされます。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる