トップページ > 最新情報 > Windows 10 21H2「Sun Valley」がアイコンのデザインを大幅変更
2021年3月26日 01時00分

読了まで 213

Windows 10 21H2「Sun Valley」がアイコンのデザインを大幅変更

Windows 10 21H2 icon_3


 
今秋のリリースが予想される、Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」で変更される、Fluent Designベースの新しいアイコンをWindows Latestが公開しました。

Fluent Designに基づき、アイコンのデザインを変更

Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」に搭載される可能性が高いこれらのアイコンは、Windows 10のプレビュービルドから発見されました。
 
Windows 10 21H2 icon_1
 
Microsoftは、ファイルエクスプローラーのドキュメント、ダウンロード、ビデオ、ミュージック、ごみ箱などのアイコンファイルのデザインを変更しようとしているようです。
 
Windows 10 21H2 icon_2
 
上記画像の左側が現行のアイコン、右側がWindows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」に搭載されるであろう新アイコンです。
 
新アイコンは、フォルダにFluent Designのペイントを施し、色を加えるというものです。現在、ファイルエクスプローラーには、フラットなデザインのアイコンが使用されています。
 
Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」のリリース版では、更に多くのアイコンが、Fluent Designベースに変更される可能性があるようです。

プレビュービルドから確認できた変更点

Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」のプレビュービルドから、以下の変更点が見つかっています
 

  • UIを大幅に変更
  • ウィンドウの角が丸くなる
  • コントロールパネルと、「設定」アプリとの関連性の調整
  • フローティングスタートメニュー、ジャンプリスト、タスクバーのコンテキストメニュー、アクションセンターの採用
  • 新しいタッチ、ジェスチャー、マルチタスクコントロールの搭載
  • (プリインストールされている)受信トレイアプリの改善
  • アクションセンターの再設計
  • 新しいアプリの切り替え機能
  • スタートメニューの、新しい選択肢の提供
  • 新しいコンテキストメニュー
  • ダークモードの改善

 
Windows 10 21H2「コードネーム:Sun Valley」の詳細は、「新しいWindows」イベントで明らかになるとみられています。
 
 
Source:Windows Latest
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる