トップページ > 最新情報 > SamsungがHuaweiのKirin 9000Lを製造?5nmプロセスのSoC
2021年3月22日 07時51分

読了まで 21

SamsungがHuaweiのKirin 9000Lを製造?5nmプロセスのSoC

Huawei Kirin 9000Lの画像


 
世界第2位の半導体ファウンダリであるSamsungがHuaweiの新しいシステム・オン・チップ(SoC)を製造するという情報が出てきました。Kirin 9000Lと呼ばれるこのSoCはKirin 9000の下位版に位置づけられるスペックのようです。

クロックが遅く、NPUとGPUが小さいKirin 9000L

HuaweiのフラッグシップSoCであるKirin 9000には、すでに下位版であるKirin 9000Eが存在しています。Kirin 9000Lはこの9000Eよりもさらに下位に位置づけられるSoCのようです。
 
それぞれの仕様の違いは以下のようになっています。
 

Kirin 9000 Kirin 9000E Kirin 9000L
高速CPUの動作周波数 3.13GHz 3.13GHz 2.86GHz
NPU構成 大型コア x 2 + 小型コア x 1 大型コア x 1 + 小型コア x 1 大型コア x 1 + 小型コア x 1
GPUのコア数 24 22 18

 
NPUはNeural Processing Unitの略で、人工知能(AI)の処理をするためのユニットです。

Samsungの5nmプロセスで製造?

Kirin 9000およびKirin 9000EはTSMCで製造されていましたが、Kirin 9000LはSamsungの5ナノメートル(nm)プロセスで製造されると報じられています。
 
ただし、Samsungもアメリカの輸出規制の影響を受けているため、Kirin 9000Lを本当に製造できるかどうかは明らかではありません。
 
Kirin 9000LはHuawei P50シリーズに搭載されるといわれています。

 
 
Source:Weibo via PhoneArena
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる