2020年の折りたたみスマートフォン販売台数は10倍増 Samsungがシェア首位 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 2020年の折りたたみスマートフォン販売台数は10倍増 Samsungがシェア首位
2021年3月20日 09時12分

読了まで 217

2020年の折りたたみスマートフォン販売台数は10倍増 Samsungがシェア首位

Samsungのオフィスの画像


 
折りたためば小型スマートフォン、広げればタブレットクラスの大画面スマートフォンとして使える折りたたみスマートフォンが勢力を広げています。2020年の折りたたみスマートフォン販売台数は前年比1,000%増となったそうで、2021年も大きな成長が見込まれているとのことです。メーカー別ではSamsungが市場をけん引しています。

前年比1,000%増の220万台が販売された2020年

調査会社のDSCCによると、2020年に販売された折りたたみスマートフォンは220万台で、前年比1,000%増となりました。ここでの「折りたたみスマートフォン」には巻き取りディスプレイ型のスマートフォンも含まれます。
 
メーカー別ではSamsungが2020年第4四半期(10月~12月)に91.5%のシェアを獲得し、圧倒的な首位でした。2020年全体でも87%のシェアとなっています。
 
機種別ではSamsung Z Flipが約50%のシェアで首位、Samsung Z Fold 2がそれに続いて2位でした。
 
地域別ではSamsungの本拠地である韓国が折りたたみスマートフォン市場をけん引しています。

2021年はさらに折りたたみスマートフォンが台数を拡大

折りたたみスマートフォンの出荷台数は2021年第4四半期に大きく伸び、2020年第1四半期(1月~3月)から2021年第2四半期(4月~6月)の合計よりも台数が多くなると予想されているそうです。
 
折りたたみスマートフォンの販売台数予測の画像
 
この理由として、まず、Samsungが少なくとも3つの折りたたみスマートフォンモデルを発売する予定であることが挙げられています。
 
また、Samsungが超薄型ガラスを採用した折りたたみ式ディスプレイを2021年下期(7月~12月)からほかのメーカーにも販売する予定で、少なくとも8つのブランドから12種類以上の折りたたみスマートフォンが販売されるそうです。
 
2021年の年間では折りたたみスマートフォンの販売台数は510万台に達し、2020年比で128%増になると見込まれています。収益は137%増の86億ドル(約9,367億円)になるとのことです。
 
2019年から2021年の折りたたみスマートフォン用パネルとスマホ自体の台数推移の画像
 
メーカー別では2021年もSamsungが81%の台数シェアで引き続き市場をけん引するとみられます。
 
Appleも折りたたみスマートフォンを開発しているとされ、2023年に発表されるとの予想です。

 
 
Source:DSCC via Gizchina
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる