トップページ > 最新情報 > Apple、すべての純正アプリの「プライバシー成分表示」を公式ページに掲載
2021年3月12日 14時34分

読了まで 22

Apple、すべての純正アプリの「プライバシー成分表示」を公式ページに掲載

プライバシーラベル


 
App Storeで配布されるiOSアプリにはプライバシーラベルの表示が義務付けられていますが、デバイスに元からインストールされていることも多いApple純正アプリは例外となっており、フェアではないとの指摘がありました。Appleは、公式Webサイトのプライバシーのページに新たに「ラベル」というセクションを設置し、すべての純正アプリの「プライバシー成分表示」の掲載を開始しました。

App Storeのラベルも表示

Appleが2020年12月から表示を義務化しているプライバシーラベルとは、アプリがどのようなユーザーデータを収集し、何に活用しているかを説明するものです。
 
当初、App Storeでアプリを配布するサードパーティー開発者にのみラベル表示が義務付けられており、「なぜApple純正アプリにも同様のポリシーが適用されないのか?」と疑問の声が上がっていました。
 
Appleは今回、公式Webサイトのプライバシーに関するページを更新し、すべてのApple製アプリのプライバシーラベルをアルファベット順に並べて索引化した新たなラベルセクションを追加しました。
 
iOSアプリが配布される「App Store」アプリ自体のプライバシーラベルも表示されています。
 
プライバシーラベル
 
個人情報とひも付けられた情報は、以下のものが収集されています。
 

  • 連絡先情報
  • ID
  • 購入
  • 使用状況データ
  • 検索履歴
  • 診断
  • 財務情報
  • ユーザーコンテンツ

 
個人情報と結び付けられない情報は、次のものが収集されています。
 

  • 位置情報

まったく情報収集を行わないアプリも

アプリ動作にインターネット接続が必要ではないアプリはデータ収集を行っているのでしょうか?
 
Appleの「計算機」アプリのプライバシーラベルを試しに見てみると、まったくデータが収集されていないことがわかります。
 
プライバシーラベル
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる