トップページ > iPhone > iPhoneの減産報道はノイズに過ぎない~Morgan Stanley
2021年3月15日 08時22分

読了まで 158

iPhoneの減産報道はノイズに過ぎない~Morgan Stanley

iPhone12の画像


 
最近iPhoneの需要が弱まっているという報道がありますが、Morgan Stanleyのアナリストによると、これは全体的な見通しからするとノイズであり、需要は依然としてポジティブであるとしています。2021年のiPhone出荷台数予測が下方修正されるリスクはほとんどないとのことです。

2021年上半期は上振れリスクあり

Morgan Stanleyのアナリストであるケイティ・ヒューバティ氏は、iPhone12 miniの需要の弱さに関する報道には同意するとしながらも、全体的な需要はiPhone12シリーズのラインナップにとって依然としてポジティブであると述べています。
 
Morgan Stanleyが最近行った調査では、2021年上半期(1月~6月)のiPhone製造台数には、むしろ、300万台から500万台の上振れリスクが存在するとされています。これは、iPhone12およびiPhone11の特定モデルの製造が減少ではなく、増加に転じているためです。
 
また、台湾のAppleのサプライチェーンパートナーの月次売上高が5カ月連続で増加しており、2月には前年同月比で44%の伸びを記録していることもこれを裏付けています。

中国でもiPhoneが好調

iPhoneは巨大市場である中国市場でも好調を保っています。
 
中国におけるiPhoneの出荷台数は、1月は前年同月比157%増加、2月は前年同月比314%増加と推定されているとのことです。
 
中国におけるiPhone購入の最大の要因は5Gですが、Huaweiが失ったシェアAppleが獲得したという側面もあります。
 
これらを総合すると、Morgan Stanleyによる2億2,600万台という2021年のiPhone出荷台数予測が下方修正されるリスクはほとんどないとしています。

 
 
Source:AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる