トップページ > 最新情報 > Huaweiがアクティブな5G対応端末シェアで首位に~2020年第4四半期末の調査
2021年3月11日 10時11分

読了まで 22

Huaweiがアクティブな5G対応端末シェアで首位に~2020年第4四半期末の調査

Huaweiの5Gスマホの画像


 
アメリカからの制裁に苦しむHuaweiですが、2020年第4四半期(10月~12月)末におけるアクティブな5G通信対応デバイスシェアのランキングで首位となりました。5G通信対応のiPhone12シリーズをこの四半期にリリースしたAppleは3位となっています。

26.9%のシェアで首位

海外メディアのFinboldがNewzooのデータを解析したところによると、2020年第4四半期末におけるアクティブな5G通信対応デバイスのシェアは、Huaweiが26.9%を獲得し首位であったとのことです。
 
2020年第4四半期末における5G通信対応端末のアクティブ台数シェア
 
2位はSamsungで25.1%、3位はこの四半期にiPhone12シリーズをリリースしたAppleで19.5%でした。続いて、Vivoが11.8%、Huaweiが売却したHonorが6.9%となっています。
 
興味深いことに、2020年11月まではSamsungが44.9%のシェアで首位であったのに対し、Huaweiは8.6%しかシェアがありませんでした。
 
SamsungとHuaweiの5G通信対応アクティブ端末のシェア比較の画像
 
それが1カ月で大きくひっくり返された形です。
 
Huaweiが5G通信対応デバイスの製造で成長した背景には、5Gネットワークの導入を主導している中国の存在があるといいます。
 
2020年第4四半期にHuaweiは5G通信対応スマートフォンであるMate 40 ProとMate 40を発売しています。

チップ不足でシェアを落とすHuawei

一方、Huaweiは中国でのスマートフォン市場シェアが、2020年第3四半期には42.4%でトップであったのが、2021年第1四半期には16%までシェアを落としています
 
アメリカからの制裁の影響で、十分な量のチップを入手できないのがその原因とされています。
 
今後もアクティブな5G通信対応デバイスのシェアを維持できるかどうか注目です。

 
 
Source:Finbold via PhoneArena
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる