2021年初頭からApple製品のシリアル番号がランダム化される?

Macのシリアル番号の画像

Macのシリアル番号の画像
現在のApple製品のシリアル番号には規則性があり、かんたんに生産場所などを特定できるようになっています。しかしながら、Appleは2021年初頭からシリアル番号をランダム化する計画のようです。

8~14文字のランダム番号に変更?

MacRumorsが入手したApple Careの内部メールによると、Appleの新しいシリアル番号のフォーマットは、製造情報などが含まれない8~14文字のランダム化された英数字の文字列で構成されるようになるそうです。
 
現在出荷されているApple製品は現在のシリアル番号のフォーマットを使用し続けますが、将来の製品は新しいフォーマットを使用します。新しいシリアル番号は、最初は10文字になるとのことです。
 
この変更は2021年初頭に予定されています。国際移動体装置識別(IMEI)番号については、この変更の影響を受けないそうです。

2020年後半だった計画を延期

Appleは当初、2020年後半に新しいシリアルナンバー形式への移行を計画していましたが、延期されていました。
 
現在のApple製品のシリアル番号はわかりやすい規則性を持っており、生産場所などを特定することが可能です。これをランダム化することで不正行為を減らすのに役立つと思われます。

 
 
Source:MacRumors
(ハウザー)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

特集

目次