2021年3月10日 08時40分

読了まで 159

2020年第4四半期に製造されたiPhoneの約90%がiPhone12シリーズ

iPhone12シリーズの画像


2020年に登場したシリーズは非常に高い人気を誇っています。2020年第4四半期(10月~12月)に製造されたのうち約90%がiPhone12シリーズであったとのことです。2021年第1四半期(1月~3月)においても約80%を占めるといわれています。

iPhone製造の約90%がiPhone12シリーズ

台湾の調査会社であるTrendForceによると、が2020年第4四半期に製造したiPhoneは7,760万台であったとのことです。
 
このうち、iPhone12シリーズは約6,980万台であり、全体の約90%を占めました。iPhone12シリーズの高い人気を証明する数字であるといえます。
 
この7,760万台という数字はライバルのよりも1,000万台以上多い数字であり、Gartnerの調査と同じく、2020年第4四半期にAppleはSamsungを抜いてスマートフォンランキング1位に躍り出たとしています。
 
新型コロナウイルスの影響で世界のスマートフォン販売におけるハイエンドモデルのシェアは縮小しましたが、Appleは5G通信対応モデルの導入や積極的な価格戦略によって逆風を押し切ったとのことです。

2021年第1四半期も約80%がiPhone12シリーズ

2021年第1四半期になってもiPhone12シリーズの勢いは続くとみられ、iPhoneの総生産台数が5,400万台に達するのに対し、そのうち約80%がiPhone12シリーズになる見込みです。
 
TrendForceの予測では、2021年第1四半期は再びSamsungがAppleを抜いてシェアランキングトップになる見通しです。
 
この四半期はスマートフォン市場全体も好調であり、販売台数が予想を上回るとみられます。

 
 
Source:TrendForce via AppleInsider
(ハウザー)

カテゴリ : iPhone12, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる