トップページ > 最新情報 > 格安スマホ各社が大手キャリアに支払う接続料、4月から2019年度の半額に
2021年3月9日 08時28分

読了まで 153

格安スマホ各社が大手キャリアに支払う接続料、4月から2019年度の半額に

SIMカード iPhone12 Pro Max


 
格安スマホと呼ばれるMVNO各社が、大手携帯電話キャリアの回線を利用する際に支払うデータ接続料が、2021年4月から引き下げられます。

総務省がMNO3社に接続料引き下げを要請

MVNO各社は、携帯電話大手キャリア(MNO)に、接続料を支払って回線を借りてビジネスをしています。
 
接続料については、以前は過去の実績に基づいてMNOが徴収していましたが、現在は合理的な予測に基づいて各社が将来の金額を設定し、総務省に届け出ています。
 
NTTドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMO、KDDIのpovoと、各社が低料金で大容量の新料金プランを発表する中、MVNOの業界団体は昨年12月、総務省に対し接続料の引き下げを要望していました。
 
これを受けて総務省は2月9日に、大手キャリア3社に対し、データ通信量が増加する市場環境を踏まえて接続料を算定するように、と値下げを要請していました。

2021年度の接続料、2019年のおよそ半額に

大手キャリア3社が、2月末までに総務省に届け出た、2021年度の接続料の平均が、3月8日に開催された有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」で公開されました。
 
公開された資料によると、2021年度の接続料は10Mbpsあたり26万円で、2019年の58.1万円からおよそ半額、2016年の96.6万円からはおよそ4分の1に下がっています。
 
総務省 競争ルールの検証に関するWG(第14回)
 
これは、2020年度に予測されていた29.8万円よりも低く、2019年度比で半額という目標を1年前倒しで達成できたことになります。
 
新年度の接続料は、2021年4月から適用されます。
 
 
Source:総務省, NHK
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる