トップページ > 最新情報 > Apple、iOS14.5に音楽アプリの“デフォルト設定”は存在しないと説明
2021年3月5日 21時53分

読了まで 212

Apple、iOS14.5に音楽アプリの“デフォルト設定”は存在しないと説明

ios14.5 音楽


 
iOS14.5のベータで、サードパーティー音楽アプリをデフォルトに設定できると謳われていましたが、実際には何度もSiriに同じアプリで再生するよう指示しているうちに、固定されたアプリが自動的に選ばれるようになる、というユーザー習慣の把握に近い機能であることが明らかになりました。

Siriとのやり取りを繰り返すとデフォルト設定のようになる?

メールブラウザに関してはデフォルトのアプリを設定することが可能ですが、音楽にはそのような選択肢は用意されていないことがわかりました。
 
TechCrunchのインタビューに答えたAppleによれば、“サードパーティー音楽アプリのデフォルト設定”は、Siriのインテリジェンスベースで、何度もSiriとのインタラクションを繰り返しているうちにユーザーのリスニング習慣がより正確に把握されていくという内容のものであるとのことです。
 
例えば、Siriにある楽曲、アルバム、もしくはアーティストの再生をお願いするとします。すると、どのサービスでそのようなコンテンツを聴きたいかをSiriが尋ねてくるので、提示されたアプリのリストから好きなものを選びます。
 
これを何度も繰り返しているうちに、やがてSiriに尋ねたときに自動的に特定のアプリが使用されるようになっていきます。これをAppleは“音楽アプリのデフォルト設定”と呼んでいるのです。

音楽だけでなくその他のオーディオコンテンツでも同様に機能

Siriによるインタラクションがもとになっているということは、“デフォルト設定”は音楽のみだけでなく、その他のタイプのオーディオコンテンツでも同様に機能することを意味します。例えば、音楽の聴くのはSpotify、ポッドキャストはApple Podcasts、オーディオブックは別のアプリ、といった用途に合わせた細かい設定が可能となります。
 
App Storeの運営に関して規制当局のより厳しい精査が行われるようになってきていることもあり、サードパーティーアプリがどのようにAppleデバイス上で利用可能かは、実は意外と重要になってきているのが現状です。
 
音楽アプリの“デフォルト設定”は実際には存在しないものの、Siri機能はやがて首尾一貫した視聴体験をもたらしてくれると期待されています。
 
 
Source:TechCrunch via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる