トップページ > iPhone13 > iPhone13 Proは「超」広角カメラにセンサーシフト光学式手ブレ補正採用か
2021年3月4日 01時16分

読了まで 148

iPhone13 Proは「超」広角カメラにセンサーシフト光学式手ブレ補正採用か

iPhone 12 Pro


 
今秋発売見込みのiPhone13 Proモデルでは、「超広角カメラ」にセンサーシフト光学式手ブレ補正が採用されると、台湾メディアDigiTimesが報じています。

センサーシフト光学式手ブレ補正が全モデルに展開か

AppleはiPhone12 Pro Maxにおいて、初めてセンサーシフト光学式手ブレ補正を取り入れました。ただし同補正機構が採用されているのは、広角、超広角、望遠の3つのカメラのうち、広角カメラのみです。
 
このセンサーシフト光学式手ブレ補正が、iPhone13(iPhone12sとも)シリーズにおいては、最上位機種であるiPhone13 Pro Maxだけでなく、全モデルに展開されるという噂は繰り返し報じられており、DigiTimesも以前同様の内容を報じています

Proでは超広角カメラにも採用?

しかしDigiTimesは今回の記事において、iPhone13シリーズは「超広角カメラにセンサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスを採用する」と記しています。
 
つまりiPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Maxは、広角カメラと超広角カメラの両方に、センサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスを搭載するということになります。
 
また同メディアはさらに、Appleが2022年発売のiPhoneにおいては、フロントカメラにもセンサーシフト光学式手ブレ補正とオートフォーカスを採用する可能性を示唆しています。
 
 
Source:DigiTimes via iMore
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる