トップページ > 最新情報 > ヤマハ、充電不具合でワイヤレスイヤホン2機種を自主回収、返金も
2021年3月2日 02時58分

読了まで 20

ヤマハ、充電不具合でワイヤレスイヤホン2機種を自主回収、返金も

ヤマハTW-E5A


 
音響機器メーカーのヤマハは3月1日、ワイヤレスイヤホン2機種の販売を終了し、自主回収と返金を行うと発表しました。

充電不具合により販売終了

問題が判明したワイヤレスイヤホンは、ヤマハが2020年に発売した「TW-E5A」と「TW-E7A」の2機種です。
 
ヤマハによると、両機種については発売直後から「バッテリーが充電されない」といった苦情がユーザーから寄せられていました。
 
その後ヤマハが製品の調査を進めたところ、充電ケースと充電ピンの組み立て精度やファームウェアの不具合に起因し、バッテリー充電不具合が発生していると判明しています。
 
使用にあたって安全上の問題は無いものの、ヤマハは「顧客が期待する品質レベルに達していない」として販売終了を決定し、問題の特定に時間を要したことを謝罪しています。

自主回収、返金対応

ヤマハは、「TW-E5A」と「TW-E7A」について、製品の自主回収とユーザーへの返金を行うと表明しました。
 
回収と返金を行う期間は2021年3月1日(月)から 2021年12月24日(金)までとなっており、返金金額は以下の通りです。
 

  • TW-E5A:16,500円
  • TWーE7A:26,400円

 
回収については、電話またはWebフォームからヤマハに連絡すると、受付から7日程度で回収キットが送付されます。
 
送付キットを用いてイヤホン本体(右・左)と充電ケースを送付すると、現金書留で所定の金額が返金されます。
 
対象の機種をお持ちの方は、詳細について以下のヤマハのページでご確認ください。
 

 
ワイヤレスイヤホンについては、様々なメーカーが販売していますが、オーディオテクニカも2月に製品の自主回収を発表するなど、一部では深刻な不具合も発生していいます。
 
 
Source:ヤマハ
Photo:ヤマハ
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる