トップページ > 最新情報 > 【速報】PayPayとLINE Payが統合 グローバルではLINE Payを継続
2021年3月1日 17時33分

読了まで 241

【速報】PayPayとLINE Payが統合 グローバルではLINE Payを継続

PayPay


 
ZホールディングスとLINEは、2021年3月1日、経営統合が完了したことを発表しました。同時に、スマートフォン決済サービス「PayPay」と「LINE Pay」は2022年4月に「PayPay」に統合する予定であることが明かされました。

国内ではPayPayに1本化

経営統合を果たした、ZホールディングスとLINEでは、スマートフォン決済サービスPayPayとLINE Payの今後について、2022年4月にLINE Payの国内QR・バーコード決済を「PayPay」に統合すべく協議を開始したと発表しました。
 
なお、2021年2月24日時点で、PayPayの加盟店数は全国300万カ所以上となっています。

グローバルではLINE Payを継続

LINE Payは、アジアを中心にグローバルで展開されています。今回の統合では、グローバルでの展開は「LINE Pay」とすることが合わせて発表されています。

PayPay加盟店の一部でLINE Payでの支払いが可能に

PayPay LINE Pay
 
2022年4月に、LINE PayはPayPayに統合されますが、その取組みの第一弾として、2021年4月下旬以降に全国300万カ所以上のPayPay加盟店のうち、ユーザーがQRコードを読み取るユーザースキャン方式(MPM)を導入している加盟店で、LINE Payでの支払いが可能になります。
 
この取組みについて加盟店側での手続きは不要で、手数料等にも変更は生じません。対象加盟店には、新しいアクセプタンスマークが順次、発送される予定です。

そもそも、PayPayとは

PayPayは、ソフトバンクグループソフトバンクヤフーの3社が共同出資するスマートフォン決済サービスです。PayPayにはポイントサービスの概念が存在せず、代わりに「PayPayボーナス」と呼ばれるものが付与されます。このPayPayボーナスは自動的に残高に加算されるため、チャージする手間がありません。これは隠れたPayPayのメリットといえるかも知れません。
 
PayPayは個人経営の店舗から大規模チェーン店、オンラインショップまで加盟店数が多いこともメリットといえるでしょう。2021年2月には、加盟店数が300万カ所を突破しています。なお、3社共同出資の決済サービスですが、ソフトバンクやワイモバイルユーザー以外も利用することができます
 

そもそも、LINE Payとは

LINE Payは、メッセージアプリ「LINE」のウォレットタブから簡単にはじめることができます(LINE Pay単独アプリもあります)。QRコードやバーコードによる「コード支払い」のほかに、「Visa LINE Payクレジットカード」が存在します。「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payアカウントに登録した場合は、事前チャージ不要でLINE Pay加盟店での支払いを行うことができます。
 
また、「Visa LINE Payクレジットカード」や「Visa LINE Payプリペイドカード」をApple Payに登録することで、「iD」加盟店で電子マネーとして利用することもできます。
 

 

 
 
Source:Zホールディングス、LINE, PayPay、 LINE Pay(PDF)
Photo:PayPay
(藤田尚眞)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる