トップページ > iPad Pro > iPhone12 Pro/MaxのLiDARスキャナで人との距離を計測する方法
2021年3月1日 01時50分

読了まで 23

iPhone12 Pro/MaxのLiDARスキャナで人との距離を計測する方法


 
iPhone12 Pro、iPhone12 Pro MaxやiPad Proに搭載されているLiDARスキャナを使って、人との距離を簡単に計測する方法をAppleが公式YouTubeチャンネルで公開しました。1.8メートル以内に人が近づくと注意を促し、ソーシャルディスタンスの確保に活用可能です。

LiDARスキャナでソーシャルディスタンス

2020年に発売されたiPad Pro、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro MaxにはLiDARスキャナが搭載されており、対象物を高精度で認識できる特性が拡張現実(AR)や、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxでは暗い場所でのオートフォーカス性能向上にも活用されています。
 
Apple SupportのYouTubeチャンネルでは、LiDARスキャナを使って、人物との距離を測定し、ソーシャルディスタンスを確保する方法を紹介しています。
 
Apple Support/YouTube 人の検出
 
人との距離を測定するための設定方法と使い方は、以下のとおりです。
 

「人の検出」の設定方法

  1. 「設定」アプリで「アクセシビリティ」を開きます。
  2. 一番下にある「ショートカット」を開きます。
  3. 「人の検出」をタップし、チェックマークをつけてショートカットに追加します。

 
人の検出
 

「人の検出」の使い方

ショートカットに追加した「人の検出」機能を使うには、サイドボタンをトリプルクリックして、ショートカットを呼び出します。VoiceOverを使っている場合は、4本指でトリプルタップして呼び出すこともできます。
 
Apple Support/YouTube 人の検出
 
リアカメラを外側に向けると、LiDARスキャナが人物を検知し、音と数字と振動で距離を案内します。
 
人物が6フィート(約1.8メートル)以内に近づくと音が大きくなります。
 
Apple Supportが公開した動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:Apple Support/YouTube
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる