トップページ > 最新情報 > アイコム、au LTE回線を利用し全国一斉に特小とも通話可能なトランシーバーを発表
2021年2月28日 10時00分

読了まで 148

アイコム、au LTE回線を利用し全国一斉に特小とも通話可能なトランシーバーを発表

ICOM Withcall


 
アイコムが、au LTE回線を利用し全国どこからでも一斉通話が可能なトランシーバー、「Withcall Biz」を発表しました。

全国のau LTE回線カバーエリアで使用可能

Withcall Biz」はトランシーバー間で直接電波の送受信を行うタイプのトランシーバーではなく、au LTE回線を通じた通話を行う方式のため、電波の届く範囲が限られることなく全国のau LTE回線カバーエリアで使用可能です。
 
また、特定小電力無線機との通話にも対応しています。アイコムは、2021年3月上旬に「Withcall Biz」を発売予定で、年間40,000台の販売を予定しています。本商品の希望小売価格は、オープン価格と案内されています。
 
ICOM 1

「Withcall Biz」の特長

「Withcall Biz」の主な特長は、下記の通りです。
 

  • auのLTE回線を経由し、日本全国のLTE回線カバーエリアで一斉通話が可能なトランシーバー
  • 中継装置IC-RP4130GWを経由すれば、特定小電力無線機(IC-4400)との通話が可能
  • 本体は抗菌・抗ウイルス加工済み
  • アンテナなどの突起物を廃した小型ボディと防塵・防水性能による、高い機動性を実現
  • Withcall Biz間、中継装置との通信は、セキュアな閉域網で完結する高い秘話性を実現

 
「Withcall Biz」に関する質問は、アイコムにお問い合わせ下さい。
 
 
Source:Withcall Biz リリース資料(PDF), アイコム
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる