トップページ > iPad > Apple、インドでのiPad生産に向け一歩前進
2021年2月25日 00時08分

読了まで 142

Apple、インドでのiPad生産に向け一歩前進

ipad


 
インド国内でのIT製品の生産と輸出を加速させるための新たな出来高払い契約(PLI)スキームがインド政府の認可を受けた、と報じられています。同スキームに参加への興味を表明していたAppleは、インドでのiPad生産に一歩近づいたと言えます。

総予算は1,000億円超

インドで認可が下りたPLIスキームの総予算は735億インド・ルピー(約1,076億円)で、2兆4,500億インド・ルピー(約3兆5,865億円)に上るIT製品の輸出につながると期待されています。
 
スキームは、インド国内で生産、販売された製品に対して1%〜4%のキャッシュバックを行うという内容で、2019年〜2020年が基準年次となっています。

新たに18万人分の雇用機会が創出

「スキームのねらいは、巨大テック企業をインドに呼び込むことで、インド国内の生産を加速させることだ」とインドで通信および情報技術担当大臣を務めるラヴィ・シャンカール・プラサッド氏は述べています。同氏によれば、スキームにより新たに18万人分の雇用機会が創出されるとのことです。
 
今回PLIスキームの認可が下りたことにより、同スキームへの参加への興味を表明していたAppleは、インド国内でのiPad生産に向け一歩前進した、とReutersが伝えています。
 
 
Source:Reuters
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる