Amazonのフェイクレビューを業者が販売していることが判明

    Amazon-logo

    Amazon-logo
     
    英消費者団体のWhich?は現地時間2月16日、Amazonのフェイクレビューを販売する業者が複数確認されたと発表しました。

    レビューを販売するサイト

    Which?によると、Amazonの出品者向けにインターネット上で「高評価のレビュー」を販売するサイトが複数確認されています。
     
    商品を実際に試した正直な感想をレビューとして投稿するのではなく、出品者の意向に沿ってレビューを投稿する、いわゆる「フェイクレビュー」が横行している可能性があります。
     
    Which?は10件のサイトでレビューの販売が確認されたとしており、少なくとも70万人以上のレビュワーが偽の高評価レビューを行っている可能性があります。
     
    インターネットショッピングを行う場合には、消費者がレビューや評価を参考にして商品を選ぶことも多く、Amazonの規約ではフェイクレビューは禁止されています。

    レビューを「まとめ売り」

    AMZTigers_plans
     
    フェイクレビューを販売する業者の一つとして挙げられている独AMZTigersは、複数のレビューをまとめ売りしており、例えば500件のレビューを4,999ポンド(約73万円)で販売している模様です。
     
    なお、フェイクレビュー業者に登録しているレビュワーには、1件あたり数百円程度の報酬や、対象商品の無償提供、割引キャンペーン等の報酬が付与される仕組みとなっています。
     
    フェイクレビューが横行した場合、Amazon等が消費者からの信頼を失う可能性もあります。
     
    Amazonの広報担当者は、英大手メディアBBCの取材に対し「フェイクレビューを排除するよう取り組んでおり、規約違反に対しては適切に対処する」とコメントしています。
     
    なお、Appleが運営するApp Storeにおいても高評価の詐欺アプリが存在すると指摘されており、インターネット上で他者の評価やレビューを参考にする際はフェイクレビューに注意する必要がありそうです。
     
     
    Source:Which? via BBC
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次